建造を終えた新艇

統計

ユーザ
1
記事
160
記事参照数の表示
593180

誰かいますか

ゲスト 259人 と メンバー0人 がオンラインです

RSS配信

feed-image Feed Entries

検索

船体(ハル)

 WOODY 82 ケッチ クルーザーヨットの建造記

いよいよ外板の施工になります。

リバンド*1により最も曲がりやひねりの少ないほぼ中央から1本目は80cmの長さからはじめます。

 *1ストリッププランキング工法で大切な張る位置の割り振りを行います。艇の中央が最も長い距離を張りますし、前は早くから水平位置から垂直位置に変わりますので、このリバンドにより、しっかりと張る位置を決めていきます。部材は「ねじれ、ひねり、曲がり」が同居すると言われていて、これを間違うと、張ることも余計な労力が要りますし、艇の強度や性能にも影響します。

WOODY 82 ケッチ クルーザーヨットの建造記

ステム材をキールに固定します。

非常に頑丈で5mm厚の20層積層で厚みは100mmにもなります。オーナー自ら製材した部材です。

WOODY 82 ケッチ クルーザーヨットの建造記

外板施工の進捗に合わせて徐々にダイニール加工もしていきます。

船外は外板が終わってから一気に行いますが、内側は施工のしやすい50-60cmごとにダイニール加工を行います。

写真はキール部分とハルとの接続部部分です。

WOODY 82 ケッチ クルーザーヨットの建造記

かなりガイハンストリップ施工も進みました。

トランサム部分はすでにキールが終わり、加工が楽になりスピードガアップしていきます。

WOODY 82 ケッチ クルーザーヨットの建造記

ハルがかなり進んできましたので、シャー材を取り付けます。

まずガセット*1を各フレームに取り付けます。

*1ガセットとは違う部材と部材の接続に使う部材のことで、特に急激な角度での取り付けには必要です。繊維の方向は取り付けられる部材の1/2の角度の90度に必ず繊維方向を持ってきます。マリングレードを使う造船所もありますが、足立ヨット造船ではマリングレード艇でないかぎり、同じマホガニー材で作ります。

WOODY 82 ケッチ クルーザーヨットの建造記

オーナーさんの立ち会い

発注者は東京の矢野氏で時々工場へ来られます。

WOODY 82 ケッチ クルーザーヨットの建造記

残りの船内ダイニール加工のため船体を傾斜させます。

WOODY 82 ケッチ クルーザーヨットの建造記

船内のダイニール加工が終わったので、ハルを180度回転させて、船底のダイニール加工を行います。

今回のヨットはハルは塗装仕上げですので、外部喫水上も全てダイニール加工をします。

これにより木造ヨットで有りながら、一切腐りや漏水と言う物から、木造ヨットも解放されています。

昨年から今年の2月はじめまで、30年経ったツボイ30Fケッチのエンジン載せ変えをしましたが、全く船体は何とも成っていませんでした。

「木造艇は腐る」なんて未だに知らない方が沢山居られます。

WOODY 82 ケッチ クルーザーヨットの建造記

ダイニールの残りを行っています。

バウステム部分には摩材を取り付けますので、後加工しています。

WOODY 82 ケッチ クルーザーヨットの建造記

ハルが完成した時点でオーナーさんの立ち会いです。足立ヨット造船では必ずハルが出来上がった段階でオーナー三の立ち会いをいただき、船内レイアウトを決めていきます。

図面などでは解りにくい部分も実際に見るとかなり理解いただけるのです。