建造を終えた新艇

統計

ユーザ
1
記事
160
記事参照数の表示
612926

誰かいますか

ゲスト 1190人 と メンバー0人 がオンラインです

RSS配信

検索

WOODY 82 ケッチ クルーザーヨットの建造記

外板施工の進捗に合わせて徐々にダイニール加工もしていきます。

船外は外板が終わってから一気に行いますが、内側は施工のしやすい50-60cmごとにダイニール加工を行います。

写真はキール部分とハルとの接続部部分です。

この後もう1度ダイニールをかけます。キールとハルの接続部部は2層のダイニール加工となります。

セールドライブをダイニールクロスを使って取り付けます。

ドライブはFRPで出来ていますが、エポキシとの接着は良く、WOODYヨットはガラスクロスを使わないで取り付けます。

ガラス繊維を使うと剥離する危険があるのです。

立ったまま普通の姿勢でダイニール加工が出来るのでとても楽に施工が出来ます。

キール部分とハルの最初の部分が終わりました。

この時同時にバキュームによりストリップ部材間のエポキシ接着剤の充填も行います。

しっかりとリンバホール*1もダイニール施工します。

*1リンバホールとはビルジが発生した場合、最も低い箇所にビルジポンプを設置しますので、各フロアー材でビルジが止まらないように直径2cmぐらいの穴をあけてあります。この穴の事をリンバホールと言います。