建造を終えた新艇

統計

ユーザ
1
記事
160
記事参照数の表示
612926

誰かいますか

ゲスト 1190人 と メンバー0人 がオンラインです

RSS配信

検索

WOODY 82 ケッチ クルーザーヨットの建造記

残りの船内ダイニール加工のため船体を傾斜させます。

1スパンはフレーム幅の50cmですから分割して施工が可能です。

ストリップ間のエポキシ接着剤の充填はバキュームを使いますが、少しでも充填されやすいように出来るだけ平面にします。

船体を簡単に傾斜させられるのでとても楽になりました。

半透明のダイニール加工が良く解ります。

フレームとの接続部ダイニールはハルとは別に行います。

全ての船内ダイニール加工が終了しました。

ストリップ間ににじみ出しているエポキシが良く解ります。