建造を終えた新艇

統計

ユーザ
1
記事
160
記事参照数の表示
600342

誰かいますか

ゲスト 326人 と メンバー0人 がオンラインです

RSS配信

feed-image Feed Entries

検索

船体(ハル)骨組み

WOODY 82 ケッチ クルーザーヨットの建造記

12mm7層を基本として積層します。

幅は180mmで、事前にスカーフにより1枚の船全長の長さに作っておきます。

WOODY 82 ケッチ クルーザーヨットの建造記

出来上がったキールを180度返して、正立させます。

 WOODY 82 ケッチ クルーザーヨットの建造記

いよいよフレーム*1の組み立てに入ります。

今まで部品で作っていたフレームをキール*2に設置されているフロアー材*3と結合させて骨組みを組み立てていきます。

*1ヨットの骨になる部品でアバラ骨と言えばわかりやすいです。

2*これも骨にたとえるなら背骨になります。とても重要な部材です。

3*キールとフレームを接合するための部材です。基本はマホガニー木材で作りますが、より強度のいるマスト付近はチークむく材にしています。