統計

ユーザ
1
記事
160
記事参照数の表示
618788

誰かいますか

ゲスト 1181人 と メンバー0人 がオンラインです

RSS配信

検索

コクピットの幅は60cmで座るところは45cmにしています。

広すぎず、狭すぎずがとても大切です。

骨組みはマホガーニー材の40*20mmか30*20mm材を使っています。

物入れも隔壁で分割し、用途に合わせて長さを決めていきます。

必ず何に使用するのか、何を収納するのかを決めてから作ります。

WOODYヨットの建造基本は必ず目的をしっかりと把握して作ります。

常にオーナーさんが乗船されて納得出来る作りが大切、とこの姿勢を持ち続けています。

「かゆいところに手が届く」ヨットが本来のヨットと思います。