建造を終えた新艇

統計

ユーザ
1
記事
160
記事参照数の表示
618485

誰かいますか

ゲスト 420人 と メンバー0人 がオンラインです

RSS配信

検索

WOODY 82 ケッチ クルーザーヨットの建造記

クリート用の補強板です。

WOODYヨットは後部には左右4本のクリートを取り付けます。

スプリング用のクリートも標準で装備しているのです。

このマリングレードの上にビーム厚のマホガニー板を入れて強固に補強されます。

間違ってもクリートが「ぶっ飛んだ」なんて事には成りません。

ちょっとした事ですがこの小さな事1つ1つの積み重ねがWOODYヨットの品質の高さなのです。

右舷側の物入れで後ろの窓は排気管や電気配線用の窓で、完成時には取り外し式の板が入ります。

後ろは下段に予備タンクを収納し、上段は浅くして直ぐに取り出せるようにしてあります。

その前は船底までの深い物入れでフェンダーを収納します。