建造を終えた新艇

統計

ユーザ
1
記事
160
記事参照数の表示
612816

誰かいますか

ゲスト 562人 と メンバー0人 がオンラインです

RSS配信

検索

WOODY 82 ケッチ クルーザーヨットの建造記

コーミングは縦の部分になります。

キャビンの立ち上がり部分を主に指すのですが、コクピットの立ち上がり部分もコーミングと言います。

材料はマホガニーの15mm厚でデッキ材と同じ加工をしています。

1本づつ丁寧に張り付けていきます。

全体が張り終わりました。

マホガニーの部材をこのようにならべるととても綺麗です。

これはFRPには真似の出来ない美しさになります。

この後中央には補強材を入れられないので、仮の補強材で左右の部材がフリク(凸凹)が無いようにします。

V型ニカットしてある溝にエポキシパテで接着します。

仮止めしてあった補強材を外します。

すでに接着で固定されていますので、凸凹の無い綺麗な面になっています。

この後補強材の止めてあったところにもエポキシパテで接着します。

ダイニール加工はデッキと同時に行っています。