建造を終えた新艇

統計

ユーザ
1
記事
160
記事参照数の表示
618507

誰かいますか

ゲスト 390人 と メンバー0人 がオンラインです

RSS配信

検索

WOODY 82 ケッチ クルーザーヨットの建造記

左舷側はクウォーターバースになりますので、事前に作ってしまいます。

2006.4.19更新

サイドのハル側には贅沢にマホガニーの無垢板をバテン張りしています。

右舷後ろの物入れは2段に作り、下段は予備の燃料や清水のタンクを置けるようにしています。

右舷の1番前側はコクピットの物入れとはしないで、トイレからアクセス出来るようにして、下段に温水器を設置しました。

温水器はステンレス製で約25Lの貯湯量があります。

コーミングの背もたれ部分です。

上部にはウインチなどが取り付けられますので、強固に製作していきます。

クウォーターバースの全体が良く解ります。

コクピットの座る幅は45cmに統一し、残りの幅は全てコーミングの幅にして、サイドデッキ部分は殆ど無くしています。

これによりコーミングも広い座席になります。

ほぼコクピットの形が出来上がりました。

サイドは9mmのマリングレードですが上面は12mmを使用しています。