統計

ユーザ
1
記事
160
記事参照数の表示
621431

誰かいますか

ゲスト 942人 と メンバー0人 がオンラインです

RSS配信

検索

スターンパルピットです。

足は1本ずつ現場測定で作られていますから、WOODYヨットは下駄(他の板を挟んだりして角度と厚みを合わせる方法)をはかせるような施工はしていません。

3本の足でしっかりと固定され、左右2分割にしています。

左右8本のスタンション足も1つ1つ現場測定で作っています。

クリートは木造ヨットらしく真鍮製を使っています。これはセンタークリートでスプリングも別にしていますので、左右10本のクリートが取り付けられています。

スターンにはバック用とスプリング用が取り付けられています。この細かな心遣いがWOODYヨットの基本で、いつもオーナーの立場になって建造されます。

ベンチレーターはエンジンブロア用です。

3方ローラーはオプションですがスターンにしっかりと取り付けられます。

トゥレールはチーク材を使っています。

アルミ製のトゥレールも良いのですが、ここだけはやはり見た目が?

コクピットスターンサイドに100V入力、オートパイロット電源、混合シャワーヘッドが取り付けられます。

集中配線、配管でメンテナンスもやりやすくなっています。

コクピット座席排水はコクピット床に排水されます。

真鍮の25mmを使っています。

コクピットの床排水はトランサムに45mm2ケ所で自然排水としています。