建造を終えた新艇

統計

ユーザ
1
記事
160
記事参照数の表示
603252

誰かいますか

ゲスト 279人 と メンバー0人 がオンラインです

RSS配信

検索

サイド部分のステンレス部分です。

 ステンレスの角度がハードドジャーの角度になります。

センターの両側骨組みが取り付けられました。

サイドも取り付けられ、全体の形が解ります。

下端部に取り付ける板もステンレス板で固定しています。

上部もステンレス板で繋ぎます。

 

天井部分はハードドジャーでありながら、ソフトにすると言う斬新な考え方で、2本の補強板を取り付けました。

取り付けはガセット式で、サロン艇の天井骨組みと同じ作り方で、とても頑丈になります。

上部に残る2本の骨組みは2層仕上げにしました。

下端にはさらに斜め材を入れて補強していきます。

ステン板を隠すように端材を取り付けました。

これでほぼ骨組みは完成です。