統計

ユーザ
1
記事
160
記事参照数の表示
621432

誰かいますか

ゲスト 943人 と メンバー0人 がオンラインです

RSS配信

検索

コクピットも殆どは切り取るのですが、サイドの部分の傾斜を合わす為全幅ノビームを入れてあります。

キャビンの立ち上がりにはステンの金物を使用しています。

写真の左側が上になります。  90度右回転して見ていただければわかりやすいと思います。

キャビンとコクピットとの隔壁です。

サイドデッキから1/5の傾斜でコーミング柱材が取り付けられました。

コーミング柱材をしっかりと固定し、キャビントップのカーリン材を入れて一体化していきます。

キャビン全体の骨組みをしています。

クランプを多用して骨組みが作られているのが良く解ります。

さらにしつかりとした骨組みにするため、キャビントップの積層ビームが取り付けられます。

フォアの部分を残してほぼ全体の骨組みが完了しました。

4艇も工場に同時に入ったため、お尻が製材スペースにおじゃま様です。