建造を終えた新艇

統計

ユーザ
1
記事
160
記事参照数の表示
621433

誰かいますか

ゲスト 944人 と メンバー0人 がオンラインです

RSS配信

検索

ダイニールクロスは幅1mで2cmほど重なるように仮止めをし、ウエストシステムのエポキシにより接着していきます。

実際にはダイニールクロスを張るのではなく、クロスにより1mmと言う均一なエポキシコーティングをします。

硬化後、サンディングをして、エポキシ+マイクロバルーン+アエロジルによるエポキシパテを作り、均一に塗布します。

硬化後サンディングにより成形を行います。 最終の成形ですから、細かくパテ打ちとサンディングを繰り返します。

船底については最終の成形になります。

完全に成形が終わったら、インタープロテクトを塗布します。

これで船底部分は完了で、喫水より上はさらにポリパテにより成形しますが、これは建造の最期になります。