統計

ユーザ
1
記事
160
記事参照数の表示
606506

誰かいますか

ゲスト 489人 と メンバー0人 がオンラインです

RSS配信

検索

サイドデッキはフォアの進捗に合わせて、徐々に後方へ移っていくのです。

茶色く見えている接着剤は、シーカフレックスの#298で、歯形コテで厚みを出しておきます。

勿論プライマーはしっかりと塗布してあります。

チークデッキ材は船体のRに合わせて曲面に張っていきます。

不思議だけど、曲がるのです。

フォアは3枚ずつ左右張っていきます。

コーキングのための隙間は4mmで、4mmのマリングレードを隙間に挟み込んでいます。

どんどん進んでいきます。

方舷は終わり後少しでフォアデッキは完了です。

ギザギザハートはビルダーとしてのこだわりと、やはり見た目も大切ですから、ここは毎回気合いが入ります。

最期にギザギザの鮫の刃を接着します。

この部材だけは10mmで取り付けていますが、後で面位置に仕上げます。

サイドデッキもRで幅を確保し、しっかりと固定しています。

ほぼサイドデッキも終わりですが、斜めの細い材を入れるとビスで固定できないのと、やはり見た目の美しさから加工して取り付けます。

このように複雑な固定に見えますが、黒のラインが入るととても美しいです。

キャビントコクピットの所でデッキ幅が変わりますので、このような取り付けにしました。

この写真はすごみと美しさがありますよね。

埋め木は1本ずつ手作りで作っています。

円錐形にしてあり、しっかりと打ち込めるようになっていて、エポキシ接着剤併用で、木の目に合わせて1こずつ丁寧に埋めていきます。

埋木の頭を飛ばし、サンディングしています。

シリコーンの黒色をしっかりと4mmの目地に埋めています。

勿論プライマーは絶対必要です。

デッキごとサンディングをして仕上げていきます。