建造を終えた新艇

統計

ユーザ
1
記事
160
記事参照数の表示
618774

誰かいますか

ゲスト 1138人 と メンバー0人 がオンラインです

RSS配信

検索

WOODY ACTIVE 87 ケッチ クルーザーヨットの建造

 2006.10.13 更新

いよいよ船内造作です。

基本となるバルクヘッドの施工から開始します。板厚は15mmの両面チーク張りの突き板を使用します。

センターの左側がヘッドへの侵入口になりますので、右舷側はセンターまで作り、扉部分は45cm開けています。

前後のロアーハリヤード用のバルク材は少しでも船内を広くするために、下側は外側に傾斜しています。

メインマスト支え用のチーク無垢角材を取り付けます。5本のフロアー材はチーク材を使用し、間隔も1/2の250mmピッチになっています。

台の取り付けが終わると、マストはオンデッキですので、チーク無垢角材のステップ材を取り付けます。

エポキシ接着剤を併用ししっかりとバルクヘッドと一体化させます。