建造を終えた新艇

統計

ユーザ
1
記事
160
記事参照数の表示
612926

誰かいますか

ゲスト 1190人 と メンバー0人 がオンラインです

RSS配信

検索

WOODY ACTIVE 87 ケッチ クルーザーヨットの建造

2007.2.12 更新

メインデッキの工作と平行してコクピットの造作も進めていきます。

コクピットの背もたれ部分の造作です。

右舷側はクウォーターバースになりますから、そのまま固定のデッキになります。

左舷側は物入れになりますから、扉は前後2分割となります。

後部デッキも平行して張っていきます。ここもメインと同じく15mmのマホガニー張りで、左右の端はクリート取り付けのため、補強をしています。

扉の部分の回りには排水のための溝を作ります。

コクピットの床も、ミズンマストの前後は取り外し式に成ります。

ダイニール加工後エポキシパテで仕上げます。

コーミング背もたれのトップもチークデッキを張ります。

立ち上がりサイドはマホガニー張りです。

チークデッキを張りほぼ完成です。

コクピット床や扉の製作で、ダイニール加工後、塗装のためのポリパテ施工をしています。

コクピット全体もダイニール加工-サンディング-エポキシパテ-サンディング-パテ修正-サンディング-インタープロテクト塗布-ポリパテとサンディングを5回以上。

これでやっと後は塗装待ちです。

センター床の突起はミズンマストステップです。